ドッグフード

ブッチは太りやすい犬こそおすすめ!カロリーと脂質を比較したよ♪

愛犬が太ってきて、健康のためにもダイエットさせたい…
そんなときには低カロリーだけど、しっかり栄養が摂れるブッチがおすすめです。

この記事ではドッグフードブッチこそダイエットに向いている理由を紹介します♪

ぽっちゃりワンコの飼い主さんは必見です!

ブッチは太りやすい犬にこそおすすめの理由

愛犬ヴィーは白いフワモコしたスタイルが特徴のビションフリーゼですが、みかけもふっくらしているので、太ってみられることもあるのですが・・・

愛犬が太りやすいと思っている飼い主さんへ、犬が太ってしまう原因は主に3つあります。

●犬が太ってしまう3つ理由

  1. ドッグフードやおやつの食べすぎ
  2. 運動不足
  3. 去勢や避妊手術の影響

ドッグフードやおやつでも、脂質や糖質の高いモノを与えすぎると太るのは当たり前ですよね。とくにダイエットには、カロリーと脂質のひくいドッグフードを選ぶことが大事です。

運動不足や、去勢や避妊手術をしたワンコはホルモンの影響で太りやすい傾向があるようです。

ヴィーも避妊手術をしているので、太りやすくなると言われていました。

ロコ
ロコ
目指すのは健康的なぽっちゃり犬!
ヴィー
ヴィー
太りすぎには注意しないとね♪

 

\ダイエットしたいワンコにおすすめ/

ブッチの特徴

■ドッグフードブッチの特徴
・無添加で低カロリーのミートフード
・水分が多く含んでいて消化吸収が良い
・肉類は安心安全な最高等級のニュージーランド産
・魚や野菜、海藻などバランスよく配合
・3タイプの味の種類が楽しめる

ブッチの1番の特徴は生肉度同じくらいの水分を含んでいて、低カロリーなところです。

ウェットフードとドライフードとの違いはありますが、人気のプレミアムドッグフードとのカロリーの比較を図にしてみました。

ブッチと有名ドッグフードのカロリー比較

比較する4種類のメインの原材料は・・・

ブッチは3種類あって、赤身肉(ビーフ・ラム・チキン)、チキンメイン、チキンとフィッシュメイン。

モグワンはチキンとサーモンがメイン。
カナガンはチキンがメイン。
ファインペッツ極はアヒルとチキンがメイン。

ブッチとモグワン、カナガン、ファインペッツ極の4つのドッグフードで、100gあたりのカロリーを比較してみました。

カロリーをグラフにしています。

4つの中でもブッチのカロリーが1番低いことがわかります。

ブッチが116Kcal
モグワンが363kcal
カナガンが376Kcal
ファインペッツ極が422Kcal

ヴィー
ヴィー
ブッチはカロリーが低いんだね!

ブッチと有名ドッグフードの脂質の比較

つぎにダイエットするときに大きなポイントになる脂質を比較してみます。

下のグラフでピンクが脂質、オレンジがタンパク質を表しています。

 

脂質とタンパク質の割合を比較しても、4つの中でブッチが1番低い結果となりました。

ブッチはヘルシーでダイエットに向いているドッグフードということがわかりました!

 

\低カロリーでヘルシーなドッグフード/

愛犬の体型をチェックしてみよう!

犬種によっても「やせ型ワンコ」や「がっちり型ワンコ」がいるので、どれくらいが普通で、どれくらいが太っているかって基準がないとわからないですよね。

そんなときにはBCS(ボディコンディションスコア)といって、犬の体型を5段階に分ける指標があるので、愛犬を触ったり見たりしながら肉付きを確認することができます。

BCS(ボディコンディションスコア)

出典元:ブッチジャパン

体型が太っているか痩せているかを見分ける基準になっているのが肋骨。

肋骨が

BCS1:痩せ⇒肋骨が触らなくても、どこにあるか見えてしまう

BCS2:やや痩せ⇒肋骨が簡単に触れて、腰のくびれがはっきりとある

BCS3:理想的⇒肋骨が触れて、おなかが吊り上がっている

BCS4:やや肥満⇒肋骨は触れるけど、腰のくびれが少ない

BCS5:肥満⇒肋骨が触れなくて、腰のくびれがなく、おなかが下がっている

ロコ
ロコ
ヴィーはBCS3~4だね
ヴィー
ヴィー
小さい頃はBCS3だったよ!

ヴィーが2歳のころ 八ヶ岳にて

2011年 ヴィー2歳

この写真は八ヶ岳に遊びに行ったとき。
走り回って活発に遊んで、山道もへっちゃら♪

サマーカットで短くしているので、体形がよくわかります。肋骨も触れて、上から見ると腰のくびれもありました。

この時が理想的体型だったんだなぁ…と振り返って気がつきました。

ヴィー12歳 今はややぽっちゃり

2021年 ヴィー12歳

このごろはビションフリーゼらしいスタイルにしているので、どこから見てもフワモコで体型をチェックしにくい状態ですが・・・

あきらかに2歳の頃よりも肋骨は触りにくく、くびれも少なくなっています。

今はやや肥満のBCS4かな…と思います。

ヴィーは避妊手術をしているので、その影響で太りやすくなると言われていたので想定内ですが、これ以上は太らないようにとドッグフードで体重管理をしています。

若いころとの違いを感じるのは筋肉の量で、運動量も減っているので、ダイエットには食事のコントロールが大事だと思っています。

美味しいものは食べたいけど、高カロリーなものは体重増加につながるので、ブッチはシニア犬のダイエットに最適といえます。

\太りやすいワンコにおすすめ/

ドッグフードブッチの栄養成分の特徴

ドッグフードブッチは原材料の違いで3タイプあります。

ブラックレーベルは赤身肉、ホワイトレーベルは白身肉、ブルーレーベルはチキンとフィッシュとそれぞれ原材料に違いがありますが、カロリーは100gあたり116kcalと同じです。

5大栄養素のタンパク質・脂質・粗繊維・灰分・水分についても、きちんと公開されていて、一目で栄養価のチェックをすることができます。

タンパク質と脂質は健康のために一定量以上必要なので、「〇〇%以上」と表示されていて「最低これよりも入っていますよ~」と書かれています。

粗繊維は食物繊維、灰分はミネラルのことです。

粗繊維と灰分と水分は多く含まれると、全体のカロリーが下がったり、栄養低下になる恐れがあるので「〇〇%以下」と表示されて「最大これ以下しか入ってないです」と書かれています。

\低カロリーの総合栄養食/

ブラックレーベルの栄養成分

ブラックレーベルは全体量の76.5%をビーフ、ラム、チキンが入っていて、リニューアルでフィッシュ(サバやマグロ)も加えられました。

赤身肉が好きで運動量があるワンコや、口臭が気になるワンコにおすすめです。

5大栄養素のバランスは以下の通り↓

粗タンパク質 10.5%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 1.0%以下、水分(最大) 74.5%、塩分 0.3%以下、オメガ3脂肪酸 140㎎/100g以上

ホワイトレーベルの栄養成分

ホワイトレーベルは全体量の80%がチキンで、こちらもリニューアルでフィッシュ(サバやマグロ)も加えられました。

赤身肉に苦手なワンコや、おなかの弱い子や皮膚がデリケートなワンコ、涙焼けが気になる子向きのフードです。

5大栄養素のバランスは以下の通り↓
ブラックレーベルと同じ数値です。

粗タンパク質 10.5%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 1.0%以下、水分(最大) 74.5%、塩分 0.3%以下、オメガ3脂肪酸 140㎎/100g以上

ブルーレーベルの栄養成分

ブルーレーベルはチキンが全体量の67%、フィッシュが25%で、ワンコとニャンコを両方飼っている人におすすめのフードです。

5大栄養素のバランスは以下の通り↓

ブラックレーベルとホワイトレーベルに比べると、粗タンパク質が11%以上と若干ですが高い数値になっています。

粗タンパク質 11%以上、粗脂肪 8.0%以上、粗繊維 1.0%以下、水分(最大) 74.5%、塩分 0.3%以下、オメガ3脂肪酸 140㎎/100g以上

ブッチのトライアルセットで食べ比べ

ヴィーのご飯はこんな感じでドライフードにブッチをトッピングしています。

ブッチにはトライアルセットがあって、3種類のブッチの中で1番食いつきがよかったのがブラックレーベルでした。

ホワイトやブルーも残さず食べたけど、お肉好きのヴィーはブラックを美味しく感じたようです。

ブッチは栄養もたっぷりの総合栄養食のうえに低カロリーなので、太りやすいワンコのダイエット食にも最適なドッグフードといえます。

ブッチを試してみたいと思ったら、トライアルセットがおすすめです♪

\初めての方限定/

まとめ ブッチは低カロリーで消化に良い

愛犬ヴィーはぽっちゃりしていているので、体重管理に低カロリーで栄養たっぷりのブッチを食べさせています。

水分が多くて消化が良いので、ウンチの質がよくなって今の体重をキープしています。

13歳というシニア犬なので、運動で痩せることは難しいと思うので、食事療法でダイエットがんばってます♪

太りやすいワンコにこそブッチはおすすめです!

ブッチの公式サイトはこちら♪

 

期間限定キャンペーン実施中!
人気商品のため売り切れ続出

ブッチは歯石がつくってホント?専門家に口の中をチェックしてもらいましたドッグフードブッチは生肉のような美味しさで、愛犬ヴィーの大のお気に入り。毎日のフードにトッピングすると、おいしそうに食べてくれます。 ...
ドッグフードブッチはどこで買える?値段が安い取扱店に行ってみたよ無添加のウェットタイプのドッグフードのブッチはでどこで購入できるのか?実際に手に取って見てから購入できるお店はどこにあるのか? ブ...
ブッチレビュー!ソーセージみたいなドックフードにシニア犬も大喜びビションフリーゼのヴィーはブッチを食べるようになって、病気療養中だけど元気に過ごせるようになりました。 カラダをつくるのは食べ物だ...
ブッチは老犬にやさしいドッグフード!食べなくなった食欲が戻ってきたよ愛犬ヴィーが年をとってきて、下痢をしたり、食欲不振になったりと元気がないなと心配して、カラダに良いドッグフードを探していたときにドッグフ...
ABOUT ME
ロコ&vie
ビションフリーゼのヴィーです♪ひとり暮らしのOLのロコと一緒に楽しく暮らしています。涙やけやダイエットのために、実際に試して効果があった美味しくてカラダに良いドッグフードやペット用品をレビューします♪
ヴィーのおすすめドッグフードBest3♪
カナガン
良質なチキンが50%以上でたんぱく質がたっぷり♪
関節ケア成分のグルコサミンとコンドロイチンをたっぷり含んだ骨や関節サポートをしてくれるドッグフードです。
ヴィーも1番食いつきがいい、大好きフードです!

詳細ページ公式ページ

モグワン
モグワンは高たんぱくで低脂肪。
肥満の原因になる脂質が少ないドッグフードなので、ぽっちゃり犬やダイエットしたいと思っているワンコにおすすめ!
飼い主さんが体重管理しやすいドッグフードです。

詳細ページ公式ページ

ブッチ
消化が良く、低カロリーで生肉のようなウェットタイプのドッグフード
フレッシュな生肉のようなブッチは、食いつき抜群!
いつものフードにトッピングすると大喜びで完食です!

詳細ページ公式ページ