フランス式って?アロマテラピーは国ごとに違うんですか?
どうしてフランスなんですか?って、ご質問をよくいただきます。

今の日本で普及しているアロマテラピーはおおきく2つの流れがあります。
フランスで発展したものとイギリスで発展したもの
それぞれのアロマテラピーは特徴があります。

Sponsored Link

フランス式アロマテラピーはメディカルアロマテラピー

旗フランス式アロマテラピーは、香りを楽しむだけでなく、病気の治療や予防、症状の緩和を目的とした自然療法です。
その大きな特徴は、精油の成分を分析して治療目的で研究されているところです。本国フランスでは医療行為のひとつとして定着しています。

精油は医薬品と同じように取り扱われていて、その品質についても厳しい規定があります。
アロマテラピーを処方できるのはハーバリストや薬剤師たちです。ローズマリー

フランスでは医療現場で使われるメディカルアロマテラピーとは別に、家庭でのアロマテラピーが広く普及しています。医師のアドバイス書に基づいて、風邪などの予防、健康の維持、美容などにアロマテラピーは利用されています。
その家庭で実践されるホームケアとしてのアロマテラピーは、精油の品質にこだわり、メディカルグレードのものが一般的に使用されています。

イギリス式アロマテラピーの特徴

イギリスイギリス式アロマテラピーは香りを楽しみ、美容とリラクゼーションを目的としたもので、精油と植物油でのマッサージが日本ではアロマテラピーとして普及されました。rinpa

しかし本国イギリスの最近では、精油は医療品として扱われてはいないけれど、緩和ケアや老齢期のケアに積極的に取り入れられていて、医療から美容まで幅広く活用されています。

イギリス式アロマテラピーの特徴は、精油とマッサージの相乗効果であるといえます。

Sponsored Link

日本のアロマテラピー事情は・・・

日本日本にはアロマテラピーの精油の品質基準がなく、精油は「雑貨」として分類されています。

そのため合成保存料が添加された精油や残留農薬が検出された精油など、100%純粋な精油に何かを混ぜてある粗悪品が混じって出回っているのも現状です。

自分自身や家族に使うものであれば、しっかりとした品質の精油を選ぶことがとても大切になってきます。

最近は雑貨のお店に並んでいる精油たちを見ると・・・
直接に太陽の光があたる所にならべられていたり、
温度変化のある所にならべてあると、
やっぱり精油の品質の劣化になるので、
アロマテラピーが広まって嬉しい半面、品質に対しては不安になる時が多くなりました。

精油の薬理効果を期待して使うのであれば、その保管状態にも気を配りたいですね。
130

Sponsored Link

アロマテラピーを学んでみませんか?

12
34
566